スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

2006年 洋楽年間ランキング

2006年 洋楽年間ランキング
あの頃こんな曲があったね~と振り返りながら、過去ログを整理するコーナー。


 iTunes Store(Japan)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ダニエル・パウター(ニュー・エディション)(初回限定盤)【1】 バッド・デイ~ついてない日の応援歌 / ダニエル・パウター Daniel Powter - Daniel Powter - Bad Day
全世界で大ヒットとなった忘れもしないダニエル・パウターの「Bad Day」。あの頃はいやっちゅーほど、ジェームス・ブラントかダニエル・パウターが流れていたものです。その後も日本人アーティストharuとコラボしたり、2008年に3rdアルバムを発売したりと活躍中です。

The Trinity【2】 テンプラチャー / ショーン・ポール Sean Paul - The Trinity - Temperature
ジャマイカ出身のレゲエアーティスト、ショーン・ポール。いやー私も当時大ハマリで、通常版と最強版の両方のアルバム買っちゃいました。意外なのは、WE BE BURNINよりもこっちの方が売れてたということですね。2009年のどこかで、トリニティ後4年ぶりとなるニューアルバムがリリースされる予定です。

Loose【3】 プロミスキュアス~ふしだらなビート / ネリー・ファータド feat. ティンバランド Nelly Furtado - Loose - Promiscuous
ティンバランドのチキチキサウンドで一気に有名になった気がするネリー・ファータド。かなりの美人さんで、PVを見るたび眼福眼福、と思っていた覚えが。ただこの副題の「プロミスキュアス~ふしだらなビート」だけは、どうしてもなじめません。。。今後の動きですが、2009年にスペイン語と英語のアルバムをリリースする予定です。

Back to Bedlam【4】 ユア・ビューティフル / ジェイムス・ブラント James Blunt - You're Beautiful - Single - You're Beautiful
2006年というのは実はまれにみる洋楽のアタリ年、しかもUKアーティストのアタリ年で、その双璧がダニエル・パウターの「Bad Day」と、ジェイムス・ブラントの「Your Beautiful」だったと思います。ところがあまりにもヘビーチューンだったため、「イラつく曲NO.1」を獲得してしまうはめに。現在でもUKをはじめ、スイスやイタリアなどの、ヨーロッパチャートに時々ランクインしているようです。

Oral Fixation, Vol. 2【5】 ヒップス・ドント・ライ feat.ワイクリフ・ジョン / シャキーラ
おしりはウソつかないシャキーラちゃん。このときPVで披露した腰さばきは、あっぱれでございました。歌うまい、ダンスうまい、賢い(特に語学)、という3拍子そろった方で、私は彼女がとても好きです。直近の活動では、オバマ大統領の就任式でアッシャーとともにパフォーマンスを行いました。

Unwritten【6】 アンリトゥン / ナターシャ・ベディングフィールド
おやおや?ここにもイギリス人シンガーが。あんまり印象深くはないのですが、よく流れていたのは覚えています。日本ではあんまり知名度がナイ。。。ですがちゃんと活動していて、2007年、2008年にもアルバムをリリースしています。2009年の年末にもニューアルバムをリリースする予定だとか。

St. Elsewhere【7】 クレイジー / ナールズ・バークレイ
ん~懐かしい!ハマりましたね~ナールズ・バークレイ。シー・ローと、デンジャー・マウスのデュオで、深く重量感のあるビートがステキ。正直もうちょっとくるかなぁと読んでいたのですが、意外と大ヒットしたのはこれ一曲でしたね。2008年に2ndアルバムを発売しており、最近のインタビューでシー・ローがまたナールズ・バークレイとしてアルバムをつくるだろう、と語っているので、まだまだ活動は続くようです。

The Sound of Revenge【8】 ライディン / カミリオネア feat クレイジー・ボーン
おー!これも懐かしい。カミリオネアってなんか忘れられない顔をしている+名前がミリオネアみたい+PVがおもろかった、という3つの理由があって、すぐに覚えました。2006年はRidin以外にもゲスト出演も多く結構な頻度でチャートインしていました。2009年2月にもアルバムを発売していて、参加してる人も相変わらずゴーカ。

FutureSex/LoveSounds【9】 セクシー・バック / ジャスティン・ティンバーレイク
うーん、意外。スカーレット・ヨハンソンと共演したセクシーPV「What Goes Around...Comes Around」の方が売れたかと思ってました。このアルバムからは1年間かけて4~5枚シングルカットされてて、すごい売れたなぁ~というか、欧米のCDセールスのしかたに???でしたね。こないだラヴ・セックス・マジック / シアラ feat. ジャスティン・ティンバーレイクを出したばっかで、3年たっても勢いは全く衰えておりませぬ。

B'Day(ステッカー4種類ランダム封入初回盤 )【10】 チェック・オン・イット / ビヨンセ フューチャリング スリム・サグ
なんとまあ、チェック・オン・イットはここにおられたか。この曲は私にとって非常に思い出深い曲でして、なにをかくそうこのブログを開設して一番最初に書いた記事がこのチェック・オン・イットだったのだ!(え?どーでもいい?)この時ちょうどビヨンセたんが映画「ピンクパンサー」に出演して、その曲を歌ってたんだよなぁ。なつかしい。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブログパーツ

この曲に対するあなたのレビューを投稿してくださいまし♪














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。