スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

サマータイム・サッドネス / ラナ・デル・レイ feat. セドリック・ジェルヴェ

Summertime Sadness / Lana Del Rey & Cedric Gervais
アメリカのシンガーソングライター ラナ・デル・レイが2012年にリリースした曲と、DJ・プロデューサーのセドリック・ジェルヴェがコラボしたリミックスが、ビルボードトップ10にランクイン。しっとりしたハウスミュージックです。夕方に酒飲みながら聞くといいと思う。
スポンサーサイト

ウェイク・ミー・アップ / アヴィーチー

TrueWake Me Up! / Avicii
スウェーデン出身のハウスDJ アヴィーチーのデビューアルバムからの先行シングル。名義出していませんが、フィーチャーしているのは、アメリカのソウルシンガーのアロー・ブラック。ヨーロッパ発のエレクトロは以前から盛んですけど、この曲のように、カントリーテイストの曲をミックスしているのは、めずらしいのではないでしょうかね。

クラリティ / ゼッド feat. フォクシーズ

ClarityClarity / Zedd Featuring Foxes
ドイツ/ロシアのエレクトロニック・ミュージック・プロデューサーZedd(ゼッド)のデビューアルバム。フィーチャーしているのは、イギリスのシンガーFoxes(フォクシーズ)。
パーティソングにオススメの一曲。午前3時とかに聞くとアガりそう。

ハーレム・シェイク / バウアー

Harlem Shake / Baauer Harlem Shake - Harlem Shake - Single
アメリカのDJでプロデューサーのBaauer(バウアー)が昨年リリースした曲。最初はフリーダウンロードで公開していたのですが、じわじわ人気が出てきて、今やダンスNo1曲に。とはいえ、あまりのえげつなさに賛否両論がありまして、私もサンプリングされているライオンの咆哮が、汚い音にしか聴こえず、最初1分で脱落しました。

ドント・ユー・ウォーリー・チャイルド / スウェディッシュ・ハウス・マフィア feat. ジョン・マーティン

アンティル・ナウDon't You Worry Child / Swedish House Mafia feat. John Don't You Worry Child (Radio Edit) [feat. John Martin] - Until Now
いま全世界からの注目されているスウェーデンのグループSwedish House Mafia。彼らのアルバム“Until Now”からのシングルカットで、フィーチャーしているのは、同じくスウェーデンのシンガー ジョン・マーティン。

ダイ・ヤング / ケシャ

Warrior-DeluxeDie Young / Ke$ha Die Young - Die Young - Single
12月に発売されるケシャの2ndアルバム“Warrior”からのリードシングル。『クラシック・ケシャ』と評されるように、ケシャのデビューシングル“Tik Tok”を思わせるエロクトロポップです。でもTik Tokよりもちょびっとメロディー展開が複雑で深い感じ。

カンナムスタイル / サイ

PSY 6集 - PSY 6 Gab Part 1 (韓国盤)Gangnam Style / PSY
まままままじですか?! ビルボード2位にランクインしているのは、韓国のミュージシャンPSYが7月にリリースした“江南スタイル(カンナムスタイル)”。私このブログをもうかれこれ7年くらいやってますけど、アジア圏の曲がTOP10入りしたの、初めてなんじゃなかろうか。。

タイタニウム / デヴィット・ゲッタ feat. シア

Nothing But the BeatTitanium / David Guetta feat. Sia Titanium (feat. Sia) - Nothing But the Beat
フランス人DJのデヴィット・ゲッタのアルバム“Nothing but the Beat”からのシングルカット。むちゃくちゃ聞いたことあるわーと思ってたら、数か月前にUKランキングにずーっと入ってた曲ですね。最近はUKからの流入が多いように思います。(というわけで、こちらのUKランキングもよろしくです)

ライツ / エリー・ゴールディング

LightsLights / Ellie Goulding Lights - Lights
2010年にリリースされたUKシンガー エリー・ゴールディングのデビューアルバム“Lights”からのシングルカット。それがなぜか2012年夏、ビルボードトップ10にランクインです。ジャンルはエレクトロなんですが、ウィスパー系の声とダンスビートが独特で、オススメです。

ウェア・ハヴ・ユー・ビーン / リアーナ

Talk That TalkWhere Have You Been / Rihanna Where Have You Been - Talk That Talk (Deluxe Edition)
リアーナの6枚目のアルバムからのシングルカット。UKチャートの方で先にランクインしていましたが、ビルボードにもやってきましたね~。テクノ・ハウス・トランス・R&Bなどいろんな要素が混ざった曲です。

スターシップス / ニッキー・ミナージュ

ロマン・リローデッド(初回生産限定特別価格盤)Starships / Nicki Minaj Starships - Pink Friday ... Roman Reloaded
先日発売されたNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)の2ndアルバム“Pink Friday: Roman Reloaded”からのシングルカット。このところ立て続けにヒットを出していて、ますます目が離せませんねー。

ターン・ミー・オン / デヴィット・ゲッタ feat. ニッキー・ミナージ

Nothing But the BeatTurn Me On / David Guetta Featuring Nicki Minaj Turn Me On (feat. Nicki Minaj) - Nothing But the Beat
大人気フランス人DJゲッタさんのニューアルバムより。こちらはフィーチャーといいますか、むしろ歌っているのは、ニッキー・ミナージなんですけども。

ウィー・ファウンド・ラヴ / リアーナ feat. カルヴィン・ハリス

Talk That TalkWe Found Love / Rihanna Featuring Calvin Harris We Found Love (feat. Calvin Harris) - We Found Love (feat. Calvin Harris) - Single
11月21日に発売されるのリアーナのニューアルバム“Talk That Talk”からの先行シングル。フィーチャーしているのは、スコットランドのシンガー・ソングライター カルヴィン・ハリス。ちょっと哀愁の入ったエレクトロ。

ウィズアウト・ユー / デヴィット・ゲッタ feat. アッシャー

ナッシング・バット・ザ・ビート -スペシャル・エディション-Without You / David Guetta Featuring Usher Without You (feat. Usher) - Nothing But the Beat (Deluxe Version)
フランス人DJデヴィット・ゲッタの5枚目のアルバム“Nothing but the Beat”からのシングルカット。フィーチャーしているのはアッシャー。

セクシー・アンド・アイ・ノウ・イット / LMFAO

ソーリー・フォー・パーティー・ロッキング(初回限定特別価格盤)Sexy And I Know It / LMFAO Sexy and I Know It - Sorry for Party Rocking
うわ!ひさびさに観たわ~こんなおバカPV。というわけで、LMFAOの大ヒットアルバム“Sorry for Party Rocking”からの3rdシングル。70年代×おバカの独特の世界観。でも曲の方はフロアで盛り上がることうけあい。

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。